Jump to Content

インターネット サービスのアイコンで囲まれた、オープンなウェブを象徴する地球儀

プライバシー サンドボックスの今後の展開: Chrome での提供と開発者向け大規模テストのサポート

プライバシー サンドボックスは、ユーザーのプライバシー保護を強化し、企業がオンライン上でのビジネスの成功を収めていくために必要なツールを提供し、全ての人に開かれたウェブを実現する ウェブエコシステム全体にわたる取り組みです。Google は過去 3 年間、エコシステムに関係する皆さまと連携し、ウェブサイト間トラッキング識別子やフィンガープリントなどの隠されたトラッキング技術に依存しない、プライバシーを保護する新しい技術を開発してきました。そして昨年、開発者がこうした新しい技術を自身のソリューションに組み込みながら評価を行えるように、 テストを拡大しました。

ここでは、2024 年後半に予定されているChrome でのサードパーティ Cookie の廃止に向けた、ウェブ向けプライバシー サンドボックスの次の展開に関する最新情報をお伝えします。

プライバシー サンドボックス関連の API を Chrome で提供

7 月から数週間かけて行われる Chrome のリリースによって、プライバシー サンドボックスの広告関連のAPI(Topics、Protected Audience、Attribution Reporting)をすべての Chrome ユーザーに公開していきます。

これにより開発者は、広告関連のAPI を利用して、サードパーティ Cookie に依存しない環境への備えを進めつつ、大規模かつ実際のトラフィックを用いたテストを行うことができます。サードパーティ Cookie が廃止されるまで、各 API のインターフェースに大きな変更が加えられる予定はありません。まだ対応がお済みでない企業様には、よりプライバシーに配慮したソリューションへの移行準備を進めていただきながら、これらのAPI の製品への移行をご検討ください。

2024 年第 1 四半期に 1% のユーザートラフィックでサードパーティ Cookie を無効化した大規模なテストをサポート

サードパーティ Cookie に依存しないウェブ環境に備えるため、プライバシー サンドボックス関連の API を組み込んだ ソリューションの評価などの準備をエコシステム全体で進めることが重要です。そのサポートとして、Google は今後以下の追加対応を行う予定です。

2024 年の第 1 四半期に、Chrome ユーザーの1% に対してサードパーティ Cookie を廃止する予定です。これにより、サードパーティ Cookie を使用しないソリューションの準備状況と有効性を確認する実地テストを行えるようになります。さらに2023 年第 4 四半期には、開発者向けにサードパーティ Cookie が 無効化される割合をシミュレーションできる機能を提供します。この機能を使えば、サードパーティ Cookie が高い割合で無効化された環境でテストを行う事ができます。この機能により、サードパーティ Cookie がない環境でのより効果的な開発者主導のテストが可能になります。

この計画は、Google の英国競争市場庁(CMA)との議論を踏まえへ、 公開スケジュールに則り、作成されたものです。今後 CMAの評価が完了した後に開始する1% を超える Chrome ユーザーのサードパーティ Cookie の廃止では、引き続き CMA との議論やそのフィードバックに適切に対応していきます。

業界との連携

プライバシー サンドボックスの取り組みは、エコシステムに関係する皆さまからの前向きな意見や反応励まされ、前進しています。プライバシー サンドボックスの技術を通じて、よりプライバシーに配慮したウェブへの移行をどのようにサポートしていけるか、引き続き業界の関係者と連携して検討していきます。

以下に、業界関係者からのプライバシー サンドボックスに関する現在の声を紹介します。

「OpenX は、Protected Audience(旧 FLEDGE)テストの先駆者として、ユーザーのプライバシー保護を強化するためにエコシステムと協力して取り組む継続的な対応に感謝しています。トラフィックの増加やCookie に頼らない検証の選択肢は、Protected Audience などのプライバシー サンドボックス ソリューションを評価するうえで、またChrome のサードパーティ Cookie の廃止に備えるうえで非常に役立つと考えています。」
Paul Ryan
CTO
OpenX
「RTB House は、サードパーティ Cookie のデータに依存しないトラフィックでテクノロジーをテストする必要があるなどのテスターからのフィードバックに、Chrome チームが対応いただいていることをを大変評価しています。より大きなトラフィックでテストを行う準備はできており、開発者による大規模なテストを計画してプログラマティック サプライ チェーン全体で協力しながら進めることを楽しみにしています。テストで得られた結果は、プライバシー保護のAPI を基盤としたソリューションのさらなる改良に役立ち、サードパーティ Cookie に依存した従来のテクノロジーと対等の立場で競い合うことができるようになると信じています。」
Lukasz Wlodarczyk 氏
プログラマティック エコシステム グロース&イノベーション担当バイス プレジデント
RTB House

CMA の第 1 四半期レポート(英語)でも触れられている通り、今後は、1 社に限定したものから複数の組織で協力して行う広範なものまで、さまざまな目標に基づく幅広いテストが行われることを想定しています。また開発者には、プライバシー サンドボックス関連の API をエンドツーエンド ソリューションの一部として採用し、テストすることを推奨しています。

プライバシー サンドボックス関連の API の今後の展開に関する詳細は、 Chrome 開発者ブログでご確認いただけます。今後数か月間で、テストの指標や手法に関する追加ガイダンスなどの情報をさらに提供していく予定です。

今後 Chrome でサードパーティ Cookie を廃止し、ウェブ全体でユーザーのプライバシー保護を強化する過程の最終ステージにおいても引き続き、エコシステムに関係するの皆さまと協力していくことを楽しみにしています。