Jump to Content

インターネット上でユーザーのプライバシーの保護を強化する技術

プライバシー サンドボックスの技術は、ウェブやアプリを利用するユーザーのプライバシー保護をより強化するとともに、パブリッシャーやデベロッパー、広告主のビジネスニーズを満たすことを目指しています。プライバシー サンドボックスの提案について詳しくは、ウェブサイトおよびアプリ間トラッキングを抑制する仕組みの説明をご覧ください。

開かれたプラットフォームと、プライバシーを守る象徴である鍵を描いた、ウェブを抽象的に表現した画像

プライバシー サンドボックスとは

プライバシー サンドボックスは、ウェブとAndroid アプリでユーザーのプライバシー保護をより強化する、新たな技術を開発する業界全体の取り組みです。そこでは、個人のトラッキングを制限し、オープンで誰もがアクセスできる環境を維持しながら、ウェブとAndroid アプリで既存の技術に代わるより安全なソリューションを提案しています。

ユーザーは、どのような個人情報が誰によって収集されるのかを心配することなく、ブラウジングやアプリを楽しむべきです。プライバシー サンドボックスの技術は、現在のトラッキング メカニズムを廃止し、フィンガープリンティングなどの隠されたトラッキング(フィンガープリントのようなユーザーには知らされないトラッキング)を防ぐことを目指しています。

ユーザーのデータ管理を強化する高度なプライバシー技術を表す画像

主なプライバシーサンドボックスの技術

Topics API Protected Audience API Attribution Reporting API がプライバシー サンドボックスの主な技術で、これまでオンライン広告の配信に使用されてきた、プライバシーへの配慮が十分でないメカニズムに代わるものとして開発されました。これらの技術により、ユーザーのプライバシー保護をさらに優先し、ユーザーが自身のデータを管理できるようにしながら、企業は引き続き興味や関心に基づいてユーザーに情報を届け、オンライン広告の成果を測定できます。

Topics API

Topics API は、プライバシーに配慮した方法で関連するコンテンツと広告を表示することを目的としています。最近のウェブ閲覧履歴に基づくユーザーの興味や関心の大まかなデータを提供し、ウェブサイトやアプリで関連性の高い広告を配信できるようにします。

Topics は主に 2 つの部分で構成されます。まず、API によって、識別可能で大まかなトピックが各ウェブサイトにラベル付けされます。たとえば、スポーツに関するウェブサイトには「スポーツ」というトピックが関連付けられます。次に、ユーザーがアクセスしたウェブサイトに最も多く関連付けられたトピックがブラウザに保存されます。トピックは、ユーザーがアクセスしたウェブサイトと共有されます(1 週間に新しいトピックが1 つ)。広告主はこれに基づいて、ユーザーがアクセスした具体的なウェブサイトの情報を認識することなく、より関連性の高い広告を表示できます。

ユーザーはトピックを確認して、不要な場合は削除するか、完全に無効にすることができます。

Topics API の詳細

  • PSB LH Topics Video 1 Poster
  • PSB - LH - Topics Video Poster 2
  • PSB - LH - Topics Video Poster 3

Protected Audience API

Protected Audience API(旧称 FLEDGE API)は、カスタム オーディエンスとリマーケティングの実現をサポートするプライバシー サンドボックスの提案で、サードパーティがユーザーのウェブサイトの閲覧行動をウェブサイト間でトラッキングできないようにします。

現在リマーケティングの機能を活用することによってウェブサイトにアクセスすると、サードパーティ Cookie が設定され、それ以降、関連性の高い広告が表示されるようになっています。これは、ユーザーのウェブサイトの閲覧履歴などの多くの情報がサードパーティによって収集可能な状態でもあります。Protected Audience では、ユーザーのウェブサイトの閲覧情報を保護しながら、アドテク事業者が関連性の高い広告を表示できるようにします。

モバイルアプリでも同様に、Protected Audience はユーザーのアプリ利用情報を保護しながら、アドテク事業者が広告を表示できるようにします。

  • PSB What is Protected Audience Cover
  • PSB - LH - Topics Video Poster 2
  • PSB - LH - Topics Video Poster 3

Attribution Reporting API

Attribution Reporting API を使用すると、広告主はウェブサイトやアプリ間のユーザー行動を追跡することなく、オンライン広告の成果を測定できます。

朝のニュースを閲覧しているときに、セール中のヘッドフォンの広告を見て、商品の詳細を見るために広告をクリックし、購入したとします。アドテク事業者はアトリビューション レポートを使って広告主に購入の発生を知らせることができますが、ユーザーのウェブ閲覧やアプリのアクティビティなどの履歴情報は、暗号化、時間の遅延、安全なサーバー、データの集約やランダム化などの手法を使用して保護されます。

広告主は測定プロセスでユーザーの識別子を使用することなく、どの広告が最も効果的かを判断できます。

よくある質問

これらの新しい技術はいつリリースされますか?

今後、ご自身のサイトやキャンペーンでテストしていただける機会を増やすなど、プライバシー サンドボックスに関する更新情報をより定期的にお届けしていきます。最新のニュースをご確認いただくには、 developer.chrome.com のブログをフォローして、 developer.android.com で最新情報(英語)の受信をご登録ください。

プライバシー サンドボックスに参加するにはどうすればよいですか?

Google は、提案している新しい技術の開発とテストにご参加いただけるよう、ウェブ ブラウザ、媒体社、アドテク事業者、広告主、開発者などの業界関係者に呼びかけています。

ウェブ向けプライバシー サンドボックスに関しては、 W3C などのフォーラムを通して公開ディスカッションにご参加いただけます。企業の皆様は、所属する業界団体やお取引のある技術ベンダーにご相談ください。開発者の皆様は、オリジン トライアルにぜひご参加ください。

Android 向けプライバシー サンドボックスに関しては、設計の提案に関するフィードバックを developer.android.com サイトから直接ご提供いただけます。プロジェクトの進捗に応じた定期的な更新情報の受信登録も行っていただけます。

ウェブ媒体に関する開発者向け情報はどこで確認できますか?

developer.chrome.com で、プライバシー サンドボックスのすべての提案の概要や、テストのガイダンスを公開しています。 GitHub の Explainer やディスカッションについても合わせてご確認いただけます。

Android アプリ媒体に関する開発者向け情報はどこで確認できますか?

developer.android.com で、Android のプライバシー サンドボックスに関する情報、設計提案、更新情報を公開しています。