コンテンツにジャンプ

Android 向けのプライバシーサンドボックス

Android 向けのプライバシー サンドボックスは、 広告 ID ユーザー自身がオプトアウト出来る広告用の固有のID などの複数アプリ共通の識別子を使用することなくユーザーのプライバシー保護をより優先する新たな技術開発を進めています。この技術によって、広告収入による無料のコンテンツやアプリへのアクセスを実現しながら、ユーザーのプライバシー保護をより強化することができます。また、より安全な方法でサードパーティの開発者とアプリを統合させる方法など、ユーザーデータが隠された方法で収集されるリスクを低減するための提案も進めています。

Android 向けのプライバシーサンドボックスの提案

Topics

Topics は、ユーザーのアプリ使用状況に基づき、そのユーザーの関心の高いカテゴリを推測します。アプリや広告プラットフォームは、Topics を使用することで、ユーザーにとって関連性の高い広告を表示できます。カテゴリのトピックの選定はユーザーの端末上だけで実行されるため、ユーザーが使用しているアプリに関する情報が外部の第三者と共有されることはありません。また、ユーザーは自身のデバイスでトピックを確認したり管理することができます。

FLEDGE

FLEDGE は、アプリ開発者によって定義された「カスタム オーディエンス」や、そのアプリ内でユーザーが過去に行ったインタラクションに基づいて広告を表示する新たな方法です。この情報や関連する広告はユーザーのデバイス上に保存されるため、個人を識別する情報が外部の第三者と共有されることはありません。これにより、企業はよりプライバシーに配慮した方法で、既存の顧客層に対しリマーケティングを行うことができます。

Attribution Reporting

現在、マーケターは、広告効果を評価するために、広告 ID などのクロスアプリ識別子やデバイス識別子を利用しています。Attribution Reporting API は、現在の測定方法をユーザー単位でトラッキングする仕組みに依存しないソリューションに置き換え、ユーザーのプライバシー保護を強化する取り組みです。

SDK Runtime

SDK(Software Development Kit)Runtime は、サードパーティの広告コードをアプリのコードから分離して実行するためのプロセスを提供します。これにより、サードパーティの広告プロバイダーがアクセスできるアプリとそのユーザーデータは制限され、ユーザーにより高いセキュリティを提供し、プライバシー保護を強化することができます。

よくあるご質問

ウェブとモバイルアプリが活用する技術は根本的に異なりますが、ウェブもモバイルの無料アプリも、広告がそのエコシステムを支えているという点では類似しています。Android 向けウェブ向けのプライバシー サンドボックスは、それぞれモバイルとウェブの プラットフォームの主要なビジネス要件をサポートしながら、ユーザーのプライバシー保護を強化するという共通のビジョンを持っています。

プライバシー サンドボックスは、デバイス単位の識別子を必要としない効果的なソリューションを開発し、異なる開発者のアプリを横断してユーザー単位で行われるトラッキングを制限するための取り組みです。Android は、これらの新たなソリューションの開発の間、少なくとも今後 2 年間は広告 ID の主要なユースケースの変更を行わない予定です。また、今後変更する場合は、事前に十分な周知を行う予定です。

プライバシー サンドボックスで提案する技術の開発、テスト、導入には、少なくとも 2 年かかると想定しています。利用可能になった際には、皆様に詳細をお知らせします。

Google は、アプリパブリッシャー、アプリ開発者、アドテクノロジー企業、広告主などの業界関係者の皆様に、Google が提案する新たな技術の開発およびテストへのご参加をお願いしています。 また、developer.android.com(英語)のサイトを通じて、計画に対して直接フィードバックをお寄せいただくことができます。ここでご登録いただくと、プロジェクトの進捗に応じた最新情報を定期的に受け取ることができます。

プライバシー サンドボックスチームは、現在この分野を分析している段階で、どのようなアプローチを取るか決定していません。この分野に関するフィードバックやご協力をお待ちしています。